トップ

歯科で麻酔を使うとき

歯科での麻酔知識

夜間

歯科の治療で使う麻酔の効果時間

歯科で歯の治療を行う場合、麻酔を使うことがあります。効果がきれる時間は、治療や患者が大人か子供かでも差があります。通常の治療の場合で大人の場合、治療後1時間から3時間程度で効果が切れ感覚が戻ってきます。子供の場合は、大人の半分以下の量を使用するために、効果は1時間から2時間程度で切れます。歯科で、親知らずの抜歯をする場合は、特殊なタイプを使うため効果時間は長いです。約3時間から6時間持続します。歯の治療は痛みが強いため、効果時間を把握し、麻酔を打ってしっかりとした治療を受けることがおすすめです。

麻酔の注射はなぜ痛いのか

歯医者は嫌い、理由は痛いから。そこで歯科医も治療のときに痛みを感じないように局所麻酔をかけます。ところがそのための注射がこれまた痛いのです。神経を麻痺させることが目的なので、普通は神経の集まった部分に注射の針を刺します。これでは痛いのは当然です。そこで歯科では痛くないように工夫をしています。たとえば注射針を刺す前に表面麻酔をかけます。これで注射をするときの痛みがかなり軽減されます。この方法をとる場合は、口の中にガーゼやコットンをいれます。これは歯肉に塗った薬が唾液によって流れないようにするためです。すぐに注射をしないで口のなかにコットンをいれられたときは、医者も痛みを感じさせないように配慮してくれているんだと考えましょう。

↑PAGE TOP

© Copyright 歯科で麻酔を使うとき. All rights reserved.